敏感肌化粧品

ニキビは日常的におこる肌のトラブル

ニキビは日常的におこる肌のトラブルです。それゆえ、ニキビは肌の病気だと考える人はあまり多くありません。しかしニキビは尋常性ざ瘡と呼ばれる肌の病気です。それゆえ、病院での保険診療も適用されます。

ニキビはひどく日頃の生活に支障をきたしてしまったり、痛かったり、痕が残ってしまいそうな場合には皮膚科でお薬をもらうことができます。 ニキビは肌の表面に起こります。皮膚が盛り上がり、触ると他の皮膚よりも固く、強く押すと少し痛い感覚があります。中でも背中ニキビ は見えないところなので悪化しやすく厄介です。

色は、肌と同じ色の白ニキビ、または黒っぽい黒ニキビ、赤い赤ニキビ、黄ニキビに分けられます。白ニキビや黒にキビは炎症を起こす前の状態です。炎症を起こすと赤く、そして悪化をすると膿を持ち黄色くなります。 ニキビは、脂性の物質が毛穴に詰まってしまうことで引き起こされます。この脂性の物質は私たちが体内から分泌する皮脂からできます。

ニキビの原因は千差万別です。思春期の人であれば成長ホルモンがニキビの原因となります。また男性の場合には男性ホルモン、女性の場合黄体ホルモンが多く分泌されることで、皮膚の角質が固くなることによって皮膚の正常な働きが失われてしまいます。角質が固くなってしまうと、毛穴をとおって体外に排出される皮脂が正常に排出されないようになります。体外に排出されない皮脂は、毛穴の中に溜まり塊になってしまうのです。塊になってしまった皮脂は皮膚を盛り上げてニキビとなるのです。